家紋シールは結婚式・記念撮影の着物貸衣裳に最適です

サイトマップ

家紋は当社にお任せください



 家紋のカテゴリー

 家紋のエントリー

角(つの)鹿・鹿角

貼り家紋専門店、張り紋,貼り紋、張り家紋,家紋シール等
と呼ばれる貼り家紋は,貸衣裳・レンタルの和服に最適の商品です。
家紋の歴史の連載
鹿は長寿の神獣とされ、古代中央アジア各地の遊牧民は鹿を神の化身として信じ、
鹿の角を不老長寿の霊薬と考えた。この考えは日本にも伝わり、奈良の春日大社の身体が鹿です。
戦国時代の武将が使った兜の前立てに使用され、その後、鹿角が家紋として使用された。



千鳥紋(ちどり)

1200種類を収録する、日本最大の格安、貼り家紋専門店
家紋の歴史の連載
千鳥は水辺に生息する小鳥の総称で特定の鳥を指すもではありません。
その名前の由来は常に群れをなして飛ぶことから呼ばれる様になつたとされる。
雁は列をなして飛ぶが千鳥は自由に群がり飛ぶ。俳句では冬の季節語です。
文様としては古くから使用されたが、家紋としては比較的新しく徳川時代頃と思われる。
千鳥紋は千鳥単独の家紋と波と組み合わせた家紋がある。家紋としては珍しい部類です。



鶴紋

1200種類を収録する、張り紋,貼り紋、張り家紋,家紋シール等
と呼ばれる貼り家紋は,貸衣裳・レンタルの和服に最適の商品です。
家紋の歴史の連載
鶴は姿が優雅で気品がある美しい鳥で日本では古代から愛され親しまれて来た。
中国では鶴は千年も長生きする白い水鳥と言われ、瑞鳥(ずいちょう、めでたい事が起こる前兆の鳥の事)
とされている。日本でも古くからこの風潮が伝わり平安時代の四季物語にも出てくる。
特に松の枝に止まったのが良いとされ、鶴と松は欠かせない、めでたい文様として伝わり、鎌倉時代には家紋として
定着し多く使用されて多くの種類があります。




Copyright(C)家紋 All Right Reserved.